支払うべきお金のあるカードの解約についても留意しよう≫分割払いまたはリボルビング払い、キャッシング枠等の支払うべきお金における払い渡しがいまだに未完了であるという立場だということを意識せずに使用取りやめという行為を実行してしまうと当然の事とも言えますがクレジットの使用不可能化と同時に未払い残額について一括払いを促される状況もあり得ます(要するに払い渡しがまだ終わっていない金を契約失効手続きをしてしまいたいという希望なのであればとにかく返済しろという風に請求されます)。申請時点でのフトコロ事情に余力がすぐに使える形で存在するときにおいて即座に解約するのであれば良いがお金が少ないときにこのような無効化という行為を行ってしまうのは天に唾を吐くようなことなどとも言っても言い過ぎではないからきちんとペイメントが済んでからクレジットの契約失効手続きを開始するようにすればスムーズにことが進むだろう。解約において一体どの程度保有しているカードを購入に使用して何円クレジット会社に払わなければいけないのかをきちんとチェックした後で使用不可能化することを意識して下さい。使用不可能化手数料が求められるクレジットカードも実在》大変稀な例ですがある種のクレジットカードでは使用取りやめのための支払いというやっかいな費用が発生する場面があるのです(一部のJCBカードのみ)。相当特別な条件でのみ起こりうる故一顧だにせずとも不都合は生じないのですが、利用し始めてから定められた期日以前に契約失効手続きするときでは契約失効手続き上の必要経費という望まざるべきものがかかってしまう仕組みであるから、上記のような解約上の必要経費を払い出したくないというならば、定められた月数をカレンダーにでも書き込みしっかりと期限を過ぎてから契約失効手続きするようにした方が良いでしょう。また、覚えておいて頂きたいのですがこれらの場合は使用取りやめを申し出た時に係の社員の口より通知ないしは予告といった類いのものがぬかりなく言われるようになっています。事前の通知もないまま使用不可能化にかかるお金が引かれてしまうという事態はまずない話ですので、気兼ねなく契約失効手続きをコールセンターに申請して頂いて保持しているクレジットについて使用不可能化手数料が支払いの義務があるか不必要か問い合わせて頂ければと思います