クレカを使っていると毎月契約しているカード会社から明細書が郵送されてきます。このご利用明細にはどこで何月何日に何の品にクレカでいくら消費したのか明細が記載されているため、そのクレジットカードを使って払った一覧を確認することが易しく使いやすい。これだけで運用するには困難と感じるかもしれませんが、まとめやすい収支記録に類するものとして見ることもできるため管理がもっとやりやすくなるはずです。なお上記のクレカ利用代金明細送付されてから普通は十日ぐらいしてから利用代金の振り込みがなされます。なので利用代金明細を見て疑わしい内容例えば頼んでもいないサービスが表の中にあれば、連絡して尋ねればOKなんです。仮にスキミングによる詐欺などといった異常な支払いが分かったようであってもクレカ所有者に問題がない限り大抵の場合はカード会社がそれらの決済をリストからはずしてくれます。最近ではこの便利なカード明細書をパソコン画面で見ることができる会社が増えてきています。どこで何を利用したか確認しておくといったことでカード犯罪を防ぐことをはじめとして家計簿の役目も果すので金銭管理でさえも一度に可能です(WEBページでクレジットカードの履歴を見ることがOKなブランドは昔の引き落とし額や決済可能残高などが閲覧可能です)。カードはカード利用そのもの以外観点からもかなり有用な手段なのです。