クレカ料金の口座引き落とし遅れが多発している→支払いの踏み倒しをしてしまわずともクレカ請求金額の支払い日時点において残高が不足していて料金引き落としが不可能となる事象がたびたび発生してしまっている場合には、クレジットカード会社のほうが『いつでも金欠であると思われる』と想像してくるために強制失効ということになることがある。お金はたっぷりあるのにもかかわらずつい忘れて残高不足になってしまった・・・というようなことを繰り返されても、クレジットカードの発行会社にしてみれば信用の置けないクレジットカードメンバーとされてしまうため、借金をしているか否かによらず没収させられるケースも過去にあるために注意。金銭にだらしのない会員に対する採点の内容というものは言うまでもなく悪いのです。加えて、一度でも料金の口座引き落としが出来ない問題が発生すると、利用期限切れまで利用できたとしてもそれ以降の更新が不可能になる時ということもあります。そのくらい意味のあることなのだと理解し、支払日というものは何があっても記憶しておくようにするべきです。クレジットカードキャッシュ化等を利用してしまう・・・カードのキャッシング利用額がいっぱいになってしまい、もう金融機関からキャッシュを調達できない場合に、クレカ現金化というようなカードのショッピング額を使った手段を使用してしまうとその事実によりクレジットが没収となる時もあるようです。基本的にはクレジットカード発行会社というのは条文で換金を目的としたクレジットの利用については許していないためクレジットカードを現金化する利用=規約違反=強制没収ということに陥っても不思議な話ではないのです。ついついお金がないからといって現金化というものを使用するとリボ残高について一括請求というものをされてしまうことですらあるようですので何が何でも使わないようにしていただきたいのです。