レシートの保存する必要性はないのだろうか?答えから先にお伝えすると保存する重要な理由は別にありません。個々で保持することで自分自身が履歴を残したいと考える際であれば保管しておけばいいのですし、そういう履歴はいらないと思うのであれば残しておく必要性はないと言えます。ただ毎月郵送される利用明細書との照合作業段階には絶対それらのレシートが必要です。明細をその時まで最低限保存しておかなければ、どこの場所で何月何日にいくらくらい利用したのかについて定かでなくなるだけに限らず、誤請求や二重請求がないかの照らし合わせさえも不可能になってしまうため危険。おそらくクレジットを利用した履歴はレシートを保存していないと覚えていることはできません。短くても使用履歴が送付されるひと月ふた月程度は、なくさずに保存するようにして頂きたい。クレジットの明細レシート廃棄法》クレジットのレシート処分方法はすごくシンプル。第三者に悪用されないようできるだけ細かく切って捨てるだけで良いのである。小さな機械等が自宅で利用できるならば使うのが良いでしょう。なんと言ってもカードの使用を証明しているレシートのため、クレジットカード番号など、個人情報について判別されるデータがいっぱい書いてある。不必要な明細レシートとは考えず処分は注意を払って行うようにしたいです。尚、最近は犯罪防止の意味でレシートにナンバー等の情報が記載されない利用レシートもあるようだが、過信は禁物と思われます。