店舗でどれものクレカが決済できるわけでもない:クレカ会社の加盟店舗は大抵二つ以上のカード運営会社と契約しているわけですが不便なことに一軒一軒の契約店舗であらゆる種類のカードが決済できるんではありません。例えば旧態然とした契約店舗の際だとJCBの付いたそのカードしか使用できないときもあるし、今日の加盟店舗だとビザとかMasterCardといった印のカードだけしか決済不可な場合もあります。ダイナースカードに類するクレジットカード会社の場合、もっともっと切れないショップが増えるでしょう。どのクレジットカードが決済可能かというのをどうやって判断するといいのか「ならばいかにして何の印のカードが使用できるかを見分けたらいいものか?」といってもきちんとしたことを判断するのだったら商店の店員に確認してみるしかないというのが残念だけど正しい回答です。だが大抵の商店やレストランには店舗の分かりやすいところに使用可能なカードのブランドが書かれた加盟シールが掲示されていることから「へーそのショップはJCBが切れるんだな」というふうに一目でわかるようにされているので留意しておいていただけるとよいと思います。しっかりと管理が行き届いていないショップで使うときには、ロゴステッカーが掲げられている場合でも「ここではお持ちのクレジットカードは決済いただけません」といったような案内をされてしまうケースもないといえなくもなく困惑してしまう場合だってあるでしょう。余裕があれば可能な限りより多くの店舗で使用できるようにしたいならば、異種のブランド(国外印)が入っている一般的なビザカードマスターカードダイナースカード、というようなクレジットカードを2枚以上持つようにしたほうがよいと思います(例えば:VISAカードを使っているならもう一方はダイナースカード付帯のクレジットカードを使用するとする等)。とりわけ国内では、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのマークが入ったカードをその都度持っておけばおおよそ日本全土の契約店舗で3枚のうちどれかのクレカを使うようスタンバイOKということになります。クレカを使用して有効的にポイント取得を目指すならば早いうちに少なくともこの3枚のクレジットカードを契約しておいてほしいとおもいます。